'cannot read file: /home/m1477/Sites/news.ippnw.de/fileadmin/n4m01/lib/offici
   na_sans.ttf
' (87 chars)
'cannot read file: /home/m1477/Sites/news.ippnw.de/fileadmin/n4m01/lib/offici
   na_sans.ttf
' (87 chars)
Newsletter der IPPNW | フクシマ・ニュースレター、2013年11月11日

Schlechte Darstellung im Email-Programm? Im Browser aufrufen.

IPPNW

フクシマ・ニュースレター、2013年11月11日

読者の皆さま、
友人の皆さま、

日本政府は長い間沈静化を策し、福島原発被災者に対して誤った希望を与えて来ました。
さて、自民党幹事長の石破茂 氏は、福島原発惨事によって生じた 避難民が故郷に帰還することは殆ど不可能であると認めました。石破氏は、政府は放射線汚染によってもはや居住不可能な地域名を挙げる必要があると述べました。

IPPNWドイツ支部は、2013年10月25日のベルリンでの記者会見で、福島大参事の健康への影響を軽視し、故意に過小評価していると指摘しました。

拝具  

アンゲリカ ・ヴィルメン

医師:福島原発事故を故意に過小評価化している国連

2013年10月25日に 原子放射線の影響に関する国連科学委員会のUNSCEARは放射線に寄る健康へ の影響に関する報告書を提示し、影響の広さを一貫して過小評価している。広報がもたらしている意図的誤情報が問題である。核戦争防止国際医師会議(IPPNW)の、ドイツ、米国、スイス、フランス、イタリア、ナイジェリア、マレーシア、エジプト各国支部の医師達は、報告書での分析を批判している。

放射能汚染と戦う市民運動


2011年の3月に 東北日本の広範な面積が福島の原発災害で汚染された。
福島県の北に位置する隣接県、宮城県に 「小さき花」と称する 放射能測定所 があります。宮城県でも広範な面積が放射能に汚染されています。多くの "ホットスポット"というまだ除染を必要とする場所があります。


特定の秘密開示罰則の強化を意図する日本

日本政府は2013年10月25日に、 国家機密漏えいに対する法案を上程した。この法案は報道の自由と情報の自由の著しい制限を意図している。国粋的保守的首相阿部普三内閣が申し合わせたこの法案に拠れば、詳細には規定されていない国家の安全を守る「特定 秘密」を、公務員、議員または他の者が開示した場合、10年程までの拘禁刑に罰せられる。法案の表現が曖昧模糊としたままでかつ、役所当局自らが、何が「特定秘密」であるのかを定義出来るので、批判者達はそこに市民の報道自由と情報自由に対する著しい介入を見出している。

ヨウ素剤配布を妨害した山下教授

福島県立医科大学元学長の山下俊一教授は、住民関係者にヨウ素剤の配布を妨害した。
この事を朝日新聞は11月の初旬に報道した。2011年3月18日に、同教授は福島県立医科大学での300人の大学関係者を集めた発表で、ヨウ素剤投与は必要ないと主張した。安定ヨウ素剤投与による甲状腺癌の予防措置は誤解であると。さらに、日本人の甲状腺は15-25 %の放射性ヨウ素剤を吸収しているが、ベラルーシでは40-50%であった。第二に予期されるのは, 損傷した原子力発電所の20キロメートル範囲及び30キロメートル範囲では、放射線放射は年間1ミリシーベルト以下であると。その一方で同医科大学の関係者は、2011年3月12日から15日の間ヨウ素材投与を受けていました。